魔法の砂糖

ここ1~2年、砂糖を取り巻くキーワードが

「ローカロリー」から「スローカロリー」へと変化しています。

少し前までは糖質制限がブームでしたが、

近年では糖の量だけではなく、“質”に注目する傾向が強くなっているようです。

 

特に高齢者では、低血糖による脳細胞減少、

反対に高血糖による悪玉たんぱく増加で、

認知症のリスクが2~4倍に高まるという研究結果が出ています。

 

そこで中銀ライフケアでは『適糖生活』を提唱する

スプーン印の三井製糖株式会社

スローカロリーシュガー パラチノース を食事に採用しています。

パラ

このパラチノースは病院食では、広く使われているもので、

1.ゆっくり消化吸収で、からだにやさしい

2.合成甘味料・添加物不使用

3.素材が活きる上品な甘み

が特徴の商品とのこと。

 

そこで先日、実際に食事を召し上がっている入居者の皆さんに

パラチノースのことを知っていただくための説明会を開きました。

看板

説明会の様子は、また次回ご紹介します(^_^)/